がやがや2

----------  大人の秘密結社 『がやがや倶楽部』 WEB 版 ---------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

書評 『ランボー詩集』 アルチュール・ランボー

26.jpgどのような経過でこの本を手に取ったのか、今となっては全く記憶にありません。
しかし私は大学時代にこのランボーの詩集に出会い、その当時迷走し混沌としていた私の心を一掃するかのようなその衝撃的な内容に、一瞬にして心を奪われてしまったことを思い出します。
詩集などほとんど読んだことがなく、詩に対する興味など全く持っていなかったのに。
大学時代、いつも感じていた漠然とした心の闇。
私は不安定な精神状態から逃れようとして、哲学、心理学、精神分析、現代思想、精神世界などあらゆる分野の書物を読み、もがき苦しんでいました。
しかしその根本の原因は、今考えると何のことはない、ある女性への恋心だったのです。
日増しに膨らんでいく彼女への想い。
彼女に対する幻想が膨らめば膨らむほど、実在の彼女との乖離が激しくなっていきます。
やがて自分の中で、幻想の彼女と実在の彼女との逆転現象が起こり、そしてそれは実在の彼女への攻撃へと変化していきました。
私はどれだけ彼女を傷つけたか、今思い出すと彼女のことが可哀想で涙が出てくるほどです。
そんなこともあって、ひとり自閉的に書物の世界に閉じこもっていた私。
そんな自分に、幻想の彼女と現実の彼女の混同が全ての間違いの始まりであることを気づかせてくれたのがこの詩集でした。

ランボーの詩は、美しい情景、母への愛、女性への思い、奏でる音楽、人々の営みなど様々なものが美しい言葉でストレートに表現されており、目の前に情景が浮かんでくるようです。
特に女性に対する愛のささやきなどは、彼女への思いが心の底から溢れてきて、ほとんど盲目的に女性を信奉しているかのような表現なのですが、それと同時にそんな盲目的な表現をささやく男性を冷静に見ている視点を感じます。
男性の女性に対する妄想のバカさ加減に否応なく気付かされてしまうのです。

私がこの詩集で一番衝撃を受けたのは 『何がニナを引止める』 です。
彼氏が彼女に愛の言葉をささやき、手をつなごう、キスをしよう、野原に行こう、森の奥の村で暮らそう、そこには年老いた母がいて、かわいい子供が二人いて、毎日子どもを抱きしめて、ライラックに囲まれた小さな家で幸せに暮らそう、これほどキミが好きだから、きっと楽しいよ、幸せにするよ、などという言葉が延々と8ページ以上にも渡って熱く語られます。
しかし、そんな彼の熱い言葉に対する彼女の返事は、たった一言。
「だって会社はどうするの?」
これを初めて読んだ時、思わず笑ってしまいました。
幻想の世界のトリップする男を一瞬にして凍りつかせ、目醒めさせ、現実に引き戻すこの女性の一言は、黄金に彩られた男のロマンチシズムをブリキ細工に変えてしまうほどの力を持っているのです。

新潮文庫版は翻訳者が堀口大學という方なのですが、彼の日本語のチョイスは絶妙ですね。
他の詩を見ても、なかなかユーモアのセンスがある方のように思います。
文語体と日常用語を巧みに織り交ぜることで、言葉の深さの中に軽さや浮かれ気分が感じられるのです。

今回あらためて読み返して思ったのですが、これらのランボーの詩に曲をつけたら筋肉少女帯っぽくなるんじゃないかなぁ、なんて思ったりして・・・



  1. 2011/10/22(土) 16:27:02|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
前のページ 次のページ

プロフィール

山女ひろし

Author:山女ひろし
札幌在住
自由人

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。