がやがや2

----------  大人の秘密結社 『がやがや倶楽部』 WEB 版 ---------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

書評 『お昼寝宮 お散歩宮』 谷山浩子

27.jpg独特でメルヘンチックな歌詞と包みこむような歌声で、聴く人を一瞬にしてシュールリアリスティックでファンタジーな世界へといざなう、シンガーソングライター谷山浩子。
この本は、そんな谷山浩子が1988年に書いた童話です。
巧みな文章表現で次々と繰り広げられる独特な不思議世界は、まるでパステル調の幻想絵画を見ているかのようで、まさに谷山浩子ワールド全開の作品です。

好きな男の子サカモトくんから本を借りたのに、あまりのつまらなさに全く読み進めることが出来ず悪戦苦闘しているユメコ。
読書に苦しむそんなユメコのもとに不思議な少年が現れます。
何も言わずに去って行く少年。
ネムコは彼の後を追って真夜中の公園へと足を踏み入れますが、彼はジャングルジムで突然消えてしまいます。
彼と同じやり方でジャングルジムをくぐるユメコが着いた先は、世界のありとあらゆる時間が集まっている場所 『時間盆地』 でした。
そんな世界に突如現れた赤マントの怪人トトポ。
トトポは、少年が住む 『お散歩宮』 を盗み、昼寝の世界へと逃亡してしまいます。
怪人トトポの正体は自分が読んでいた本の擬人化であることに気がついたネムコは、 『お散歩宮』 を取り戻すため、時間盆地の住人ソブと一緒に夢の世界へと旅立っていくのでした。
その後、次々と自分の夢の世界に入っていくのですが、トポトポやトポポといった似たような名まえの人物しか見つけられず、その度にさらに夢の奥へと入って行きます。
夢の夢のまた夢の、そのまた夢の、夢の夢。
それぞれの夢の中で不思議体験を繰り返し、最下層まで降りて行った末にようやく盗まれたお昼寝宮と少年を発見したユメコは、川の流れにそって夢を遡り時間盆地へと戻っていきます。
夜の公園のジャングルジムでひとり佇み、今までの不思議な体験を振り返るユメコ。
借りた本を期日通りに返却することだけに囚われ、読書を楽しむことを忘れて時間を無駄にしていたことに気づいた彼女は、サカモトくんに時間をもらってもっとゆっくり読みなおそうと決心するのでした。

この作品は、童話というより SF とかファンタジー小説なような感じなのですが、詩人である谷山浩子の文章を読んでいると、頭の中には映画のような映像ではなくパステルで描かれた西洋風の絵画が浮かんでくるのです。
もちろん、頭の中に流れる BGM は谷山浩子の曲です。

より深い階層の夢の中に入っていくという設定は、昨年公開されたデカプリオと渡辺謙の映画 『インセプション』 でも使われていますが、この本のように当たり前のように淡々と語られると、かえって不思議さが増してきます。
どんなに荒唐無稽なことでも、夢の中ではそれが当たり前のこととして対応している自分を思い出してしまうからでしょうか。

次々と繰り広げられる場面転換とシュールリアリスティックな情景は、まるで万華鏡を見ているかのようで、夢が好きで谷山浩子の世界が好きな私にとっては、この作品はまさに珠玉の1冊なのです。


スポンサーサイト
  1. 2011/10/26(水) 12:33:57|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
次のページ

プロフィール

山女ひろし

Author:山女ひろし
札幌在住
自由人

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。