がやがや2

----------  大人の秘密結社 『がやがや倶楽部』 WEB 版 ---------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

書評 『ボクの初体験』全3巻 弓月光

24.jpgこのマンガは、1975年に週刊マーガレットに連載されていた、男女入れ替わり学園ドタバタコメディです。
クラスの女子にイジメられ、崖から飛び降り自殺を謀った主人公の少年。
早朝の海岸に打ち上げられていたその少年を助けたのは、幼い妻を脳腫瘍で失くし悲しみに暮れている孤高の天才脳外科医でした。
愛する妻を蘇らせることしか頭にない彼は、こともあろうにこの少年の脳髄を妻の亡骸に移植してしまいます。
こうして、『体は女、頭脳は男』 として蘇った美少女少年は、自分をいじめた女子に復讐すべく、外見は女性となって学園へと舞い戻るのです。
着々と復讐を進める美少女少年。
思い通りに事態が進むことに舞い上がっていた美少女少年は、小躍りしながら車道に飛び出しトラックに轢かれそうになります。
身代わりになり、トラックにはねられるイジメ首謀者の女子。
脳外科医の博士は、今度は彼女を助けるために生命維持装置で保管していた少年の体にこの女子の脳髄を移植してしまうのです。
こうして誕生したイケメン少女。
その後、美少女少年とイケメン少女は奇妙な学園生活を繰り広げ、先生に扮した隠密捜査の刑事との駆け引きや、美少女少年の妊娠・出産を経て、元通りの大団円を迎えます。

このマンガが連載されていた当時、私は中学1年生でした。
そんな思春期真ッ只中の私の頭の中には、 『男性の意識のまま女性になってみたい』 という妄想と、 『意識も体も完全な女性になってみたい』 という妄想が渦巻いていました。
そんな妄想を実現させたにもかかわらず、女性になった自分の体を見ることができない純情すぎるこの主人公に、私は焦れったさともどかしさと羨ましさが混じった複雑な感情を抱いていたのを覚えています。

今読み返すと、ただ単に面白おかしいコメディなのですが、読むと同時に当時の自分が甦ってきます。
脳移植というありえない設定であるにもかかわらず、このマンガに完全に入り込んでしまった私は、この後訪れる第二次性徴時の自我の形成に大きな影響を及ぼし、男性部分と女性部分の分化が出来ずに、しばらくの期間その部分が混沌としたままの状態になっていたように思います。
男性として女性が好きな自分と、女性として女性が好きな自分。
男性として男性が好きな自分と、女性として男性が好きな自分。
それらが渾然一体となって自分の中に共存し、様々な感情の起伏に困惑し迷走していたのが、つい先日のように感じます。

一歩間違えばマイノリティへの道を歩んでいたかもしれない私にとって、このマンガはコメディなのに強烈な猛毒を含んだ禁断の一冊なのです。



スポンサーサイト
  1. 2011/10/12(水) 09:23:34|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

プロフィール

山女ひろし

Author:山女ひろし
札幌在住
自由人

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。