がやがや2

----------  大人の秘密結社 『がやがや倶楽部』 WEB 版 ---------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

書評 『一千一秒物語』 稲垣足穂

30.jpgこの本を手に取ったのは30年ほど前、私がまだ学生の頃でした。
当時、私は少女漫画雑誌 『月刊LaLa』 を定期購読していたのですが、その中で倉多江美という漫画家が 『一万十秒物語』 という短編マンガを連載していました。
お笑い、寓話、ミステリー、哲学、スリラー、パロディ、ギャグ、ナンセンスなど、ありとあらゆる物を題材にした短編読み切りマンガで、その独特な絵柄と個性的な切り口が他にはみられない絶妙な雰囲気を醸しだしており、マンガの奥深さを必死に追求していた当時の私は、その面白さに夢中になっていたのです。
そんな私が、このマンガのタイトルの元になった稲垣足穂の『一千一秒物語』 に興味を持ったのは、必然的な流れだったのかもしれません。

月が追いかけてきて、流星が悪態をつき、電車から飛び降りた瞬間に 『自分』 を落としてしまい、井戸に落ちた自分がブランデーのビンから這い出してくる。
そんなシュールで荒唐無稽な小話を70本ほど取り揃えたこの小説は、掌編集形式の不思議な魅力に満ちた作品なのです。
1編の話は3行で終わることもあれば2ページに渡ることもあり、その不可思議で奇想天外な発想はファンタスティックな寓話で満ちあふれています。

初めてこの作品を読んだ時、それまで見たこともない形式とその不思議な読後感に言い様のない魅力を感じていましたが、実は半分以上意味がわかりませんでした。
その特異な発想に脱帽するような魅力を感じる作品があると同時に、 『この話は、どういうふうに捉えたらいいのだろう?』 と頭を悩ますものもあり、当時の自分には面白さを理解出来ない作品も多数あったのです。
今読み返してみると、その当時には分からなかった新たな面白さを発見できます。
それはまるで、難解さゆえにあまり売れないシュール系関東お笑い芸人のショートコントネタのようでもあり、意味不明なのにおもしろい吉田戦車のマンガのようでもあり、奇想天外な話をトボけた表情で語る坂田靖子のマンガのようでもあり、インディーズのナゴムレーベルの曲のようでもあります。

この作品が発表されたのは1923年の大正時代。
暗くて陰湿で独特な体質の近代日本文学の中にあって、それらを否定するような新たな空間を創造した幻想的なイメージによるその特異な語り口は、90年近く経った今でも全く古さを感じさせず、現代においても見事に光を放っているのです。

ところで、この作品には句読点が全くありません。
区切り部分は全て1字アキにしており、詩のようでもあり、ネタ帳のようでもあり、小説のようでもあり、台本のようでもあります。
まさに、既成の枠組みにハマらない 『イナガキタルホ』 というジャンルがここにあるのです。



スポンサーサイト
  1. 2011/11/23(水) 19:05:12|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

プロフィール

山女ひろし

Author:山女ひろし
札幌在住
自由人

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。