がやがや2

----------  大人の秘密結社 『がやがや倶楽部』 WEB 版 ---------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

書評 『戻る男』 山本甲士

modoruotoko.jpg『もし、過去に戻ってやり直せるとしたら、いつに戻りたいですか?』ということを、たまに真面目に考えてみたりします。
もう一度同じ経験を繰り返すなら中学2年生でしょうか。
人生で一番楽しかった時期です。
もしかしたら、その時期が私の人生のピークだったのかもしれません。
二股に分かれたもう一方の道を選択し直すことができるなら、高校2年でしょうか。
この時の選択が、直接今の自分に繋がっているように思います。
もし、もう一方の道を選択していたら、今、自分は生きていなかったかもしれません。
でもそれはそれで、波乱万丈で悔いのない充実した人生だったのではないかと想像してしまうのです。
そんな私の空想を実現させたのがこの小説です。

ある日、一発屋の中年作家の元にタイムスリップ体験の案内状が届きます。
たぶん詐欺であろうとは思いつつも、タイムスリップ物を書いている作家としての興味や、詐欺の体験を新たなネタにできるかもと思い、この案内に申し込みをするのです。
実はこの作家、中学時代のイジメ体験や大学時代の失恋体験などの過去があり、それをやり直したいという思いを持っていたのでした。
最初のタイムスリップで中学時代のいじめっ子に逆襲し、みごと過去を変えることに成功した彼は、2回目、3回目と料金が大幅に吊り上っていくにもかかわらずタイムスリップを繰り返していくのです。
この体験を作品として発表するために、同じタイムスリップ体験をした人、中学時代の同級生や担任の先生、別れた彼女や離れ離れで暮らしている父親などに会い、皆の記憶を検証していった彼は、このタイムスリップのカラクリに気付くのです。
それと同時に、今まで自分の中でわだかまりのあった人間関係の新たな面を発見し、スランプで燻っていた自分をリセットすることになったのでした。

読んでいる途中でこのタイムスリップの真相が判ってしまうのですが、奇想天外などんでん返しなど全くなくても、登場人物全てがハッピーエンドを迎えるのでホッとしてしまいました。

この作者は私と同年代なのですが、中学時代や大学時代のその時代の雰囲気がうまく行間から醸し出されていて、同じ時代を同じ年齢で生きている者しか感じられない微妙なニュアンスが溢れています。
そんなわけで、自分の中学・高校時代を振り返り、『あの時、ああしていれば・・・』と思わず想い起こしてしまう、そんな感じのほのぼのした作品なのです。



  1. 2015/01/17(土) 12:47:37|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

プロフィール

山女ひろし

Author:山女ひろし
札幌在住
自由人

カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。