がやがや2

----------  大人の秘密結社 『がやがや倶楽部』 WEB 版 ---------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

書評 『人間失格』 太宰 治

Scan25258561.jpg先日、当ブログを初回から読み返してみました。
近代文学からマンガに至るまで、その時の気分で気ままに思い付くままに、ジャンルを問わず掲載していましたが、ひとつ書き忘れていたものがありました。
それがこの太宰治の『人間失格』です。

私がこの本を初めて読んだのは、今から30数年前の19歳の頃、その当時一番仲の良かった友人Y氏から薦められ、文庫本を手渡されたからでした。
Y氏と私は大学の同じサークルに所属していましたが、1年の時はほとんど接点がなく、あまり話したことがありませんでした。
Y氏はどちらかというと非社交的で、世の中を斜めに悲観的に見ている根暗な人間だと、私は勝手に思っていましたし、Y氏はY氏で、私のことを、能天気で何も考えていない、いい加減で軽薄な兄ちゃんだと思っていたようでした。
そんな二人が、お互いの存在を認め合う間柄になったのは、大学2年のある日、自主製作アニメ上映会に誘われて一緒に観に行ったのがきっかけでした。
接点がなかったのに、なぜ二人で観に行ったのかが今でも疑問なのですが、おそらく、「こいつなら何も考えていないから、自分の趣味をバカにしないでつきあってくれる」とY氏は思ったのではないでしょうか。

上映会終了後、深夜営業の喫茶店に入り、先程見た自主製作のアニメ作品を、二人で夜中まであーだこーだと批評し合いました。
話しているうちに、Y氏は私のことを「ヤマメって、何も考えていない軽い奴だと思ってたけど、実はおもしろくて変な奴だったんだな」と言い、私は私で、Y氏は暗くて悲観的なのではなく、あの皮肉的な表現は彼なりのジョークだったのだというのが判り、我々はお互いに『こいつだけは自分のことを理解してくれる』と感じ、お互いを信頼する間柄になったのでした。
そんな深夜の喫茶店で「ヤマメならこの本の意味を理解できるはず」と薦められたのが本書でした。

ほとんどの方がこの本を読んでいると思うので、詳しい内容は省略しますが、話はある男の手記を見た男の感想から始まります。
その手記の内容は、地方の国会議員の息子のボンボンが東京に出てきて、酒と煙草と女に溺れ、心中未遂で女性を亡くし、睡眠薬服用、モルヒネ中毒となり、精神病院に入れられた後、故郷に帰り、お世話役の老女中に見守られながら廃人として生活していくというような内容です。

本書のタイトルとなった『人間失格』が語られる部分。
精神病院に連れてこられ、罪人ではなく狂人という扱いを受けた葉蔵。

堀木のあの不思議な美しい微笑に自分は泣き、判断も抵抗も忘れて自動車に乗り、そうしてここに連れて来られて、狂人という事になりました。いまに、ここから出ても、自分はやっぱり狂人、いや、廃人という刻印を額に打たれる事でしょう。
人間、失格。
もはや、自分は、完全に、人間で無くなりました。

幸も不幸もなく、ただ一切が過ぎてゆく、生きる屍『廃人』になったと感じる葉蔵。
老女中が、睡眠薬と間違って買ってきた下剤を服用して腹を下し、「これは、カルモチンじゃなくてヘノモチン・・・」と笑ってしまい、『廃人』は悲劇名詞じゃなくて喜劇名詞であることを確信するのでした。

残念ながら、Y氏が期待したのとは違い、この本を最初に読んだ時の限りない未来がある10代の頃は、アル中からヤク中という人生の転落は、暗い悲劇的な話にしか思えず、当時はどういう理由でY氏がこの本を私に薦めたのかわかりませんでした。
しかし、20代、30代、40代、50代と、何回もこの本を読み返してみて、『これは、コントか?』と思うようになり、それと同時に、Y氏が大学生の当時に振舞っていた言動との共通性を感じ、当時Y氏が言った「ヤマメなら理解できる」という意味がおぼろげながらわかったのでした。

以前、当ブログで紹介した、吾妻ひでおの『アル中病棟』や、同じく吾妻ひでおの『失踪日記』は、本書と同じ雰囲気が漂っています。
社会的な全てを捨ててホームレスとなったり、アル中更生施設に入所したりと、自身の社会不適応の人生を描いたギャグマンガ家吾妻ひでお。
自分を俯瞰し、客観的な視点で冷静に人生の不条理を表現し、普通なら悲劇的な話をみごとに喜劇へと昇華させています。

20代の頃はこれを『転落人生』と思っていましたが、転落かどうかということは見方の問題であり、50代となった今では、平穏で安定的な生活よりも、紆余曲折、山あり谷あり宙返りありのジェットコースター人生の方が楽しいのではないかと思っています。
そして、棺桶に入った時こう思うのです。
「いろいろあったけど、楽しい人生だったなあ~」と。

そういえば私は大学時代、精神安定剤を常用し、昼と夜が逆転してほとんど人との交流が無かった時期があって、その時、友人Tが私のことを、からかい半分に『廃人』と呼んでいました。
「ボクが真実を口にすると ほとんど全世界を凍らせるだろうという妄想によって ボクは廃人であるそうだ」
と、二人で、吉本隆明の『廃人の歌』の一説を引用し、笑い合っていたのは、今では懐かしい、遠い思い出になってしまいました。
そんな感じで、太宰治の『人間失格』は、私の人生の中に、さりげなく自然にある存在なのです。




スポンサーサイト
  1. 2015/03/08(日) 16:02:29|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

山女ひろし

Author:山女ひろし
札幌在住
自由人

カレンダー

02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。