がやがや2

----------  大人の秘密結社 『がやがや倶楽部』 WEB 版 ---------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

書評 『紅一点論』 斎藤美奈子

20150419.jpg私の職場は、シフトの関係で常時5人が稼働しているのですが、その中に女性が一人います。
ある時、一番若い職場のエースMくんが、彼女のことを「紅一点だよね」と言っていました。
40代半ばで二人の子持ちの中年女性である彼女と、『紅一点』という言葉のギャップにみんな爆笑していましたが、私は、自分の職場が偶然にも男4人と女一人という、スーパー戦隊シリーズと同じメンバー構成だということに気付くと同時に、本書『紅一点論』のことを思い出したのでした。

本書はサブタイトルに『アニメ・特撮・伝記のヒロイン像』と題しているとおり、私たちが子供の頃見て育ったアニメや特撮などの子供番組や、ナイチンゲールやヘレンケラーなどの偉人伝で、女性がどういう立ち位置にいるかを分析し、それが現実の社会構成と意識の内部でどうつながっているかを論じた、女性視点からの評論です。

言われてみれば、『サイボーグ009』も『ウルトラマン』も『ウルトラセブン』も『科学忍者隊ガッチャマン』も『秘密戦隊ゴレンジャー』も、子供の頃見ていた番組にはことごとくヒロインの女性が一人入っていました。
本書では彼女らヒロインのことを『紅の戦士』と呼び、「『職場の花』としての紅の戦士」という観点から、あまり質の良くない男の上司が若い女の部下を見る視点で物語が描かれているとし、その属性を以下のように分析しています。
・紅の戦士は上司から見たOL
・紅の戦士は二十歳前後のセクシーな若い女
・紅の戦士は父親の威光をカサに着た「七光娘」
・紅の戦士の公の仕事は通信係=電話番
・紅の戦士の影の仕事は雑用とお色気サービス
・紅の戦士には女の友達がいない

小さい頃から見ていてこれが当たり前だったので、今まで疑問にも思わなかったのですが、セクハラ・パワハラ・モラハラが当たり前の世界で、今なら裁判になることが平気で行われていたりします。
それでも、セクハラを告発もせず、待遇改善の要求もしないという従順で健気な女性だからこそヒロインとして視聴者に愛されていたのではと思ってしまいます。

本書が書かれたのは、今から17年前の1998年で、ちょうどウルトラマンを見て育った世代が製作を担いはじめた頃の話であり、その次の世代に代替わりしつつある今は、若干内容に変化が見られ、必ずしも単純なヒロイン像が当てはまらなくなっているような気がします。
そしてそれは、女性の社会進出や労働環境の変化、セクハラへの人々の意識の変化や社会情勢の変化と連動しているように思うのです。

本書はこんな感じで、サブカルチャーの面から日本の社会の変化を考えさせられる1冊ですが、フェミニズムや女性の権利を声高に主張するようなものではなく、女性特有の視点から面白おかしく、ユーモアたっぷりに、時にはヒロインに対する皮肉たっぷりに論じていて、男性目線では気付かない部分を気付かせてくれる、エンターテインメントにあふれた評論なのです。

そういえば、『チキチキマシン猛レース』も女性が一人でしたよね。
あれはアメリカ製アニメですけど・・・



スポンサーサイト
  1. 2015/04/20(月) 01:17:40|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

山女ひろし

Author:山女ひろし
札幌在住
自由人

カレンダー

03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。