がやがや2

----------  大人の秘密結社 『がやがや倶楽部』 WEB 版 ---------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

書評 『白痴』 坂口安吾

25.jpg私の憧れの女性像は、二人の小説の人物に影響されています。
一人は、貞操観念が希薄で自己中で自由奔放で破廉恥な、谷崎潤一郎 『痴人の愛』 のナオミ。
そしてもう一人は、全ての世間の呪縛から自由で、幼く素直で純粋な精神を持つ、この坂口安吾 『白痴』 の白痴女なのです。

戦時中の日本の下町で貧乏生活をしている映画演出家の主人公。
彼はある日から、近所に住む白痴女と成り行きで同棲することになります。
芸術性に憧れてこの仕事に就いた彼には、落胆すべき現実が待ち構えていました。
芸術とは名ばかりで大衆や軍部に迎合し、時代の流行を追いかけるだけの映画企画。
徒党を組んで義理人情で才覚の処理をし、各自の凡庸さを擁護するための相互扶助による才能の貧困の救済組織が幅をきかせる状況。
映画という芸術への情熱をすっかり失ってしまい、漠然と現在の生き方に行き詰まりを感じていた彼は、白痴女と対峙することで自分という人間の、その存在の本質を深く見つめ直すことになるのです。
芸術を夢見ながらも、200円という月給に支配される自分。
無事に支給されるかどうか不安を感じ、将来は200円に限定された女性と結婚し、200円に呪縛された子どもが生まれ、鍋や釜や味噌や米を買うことにも、全てに200円の呪文を負い、生活の外形だけではなく精神も魂も200円に呪縛される自分。
世間体や風評や時代の風潮、愛だの正義だの芸術だのという言葉に呪縛されている自分。
そんな彼は、他者との意思の疎通を全く欠き、絶対の孤独の中に生き、言葉の呪縛から解放され自らの意思を持たないこの白痴女の存在に、家畜や虫けらに対するような侮蔑と同時に、幼くて素直で純粋な心に対する憧れを感じてしまうのです。
その後の大空襲で焼け出される二人。
逃げまどう猛火の中、「死ぬ時は二人一緒だ。この道を真っ直ぐ見つめ、肩にすがってついてくるんだ。」という主人公の言葉に、ごくんと頷く白痴女。
それは、彼女が初めて表した自らの意志であり、一人の人間が誕生した瞬間でありました。
新たな可愛い女が生まれでた新鮮さを感じつつも、焼け野原となった周りを眺める彼は、今までの生活の全てを失ってしまったことに対する安堵を感じると同時に、生きるための全ての希望も何もかも失った喪失感を胸に抱き、全てが面倒くさいと感じながら、とりあえず明日のねぐらを探して歩き出そうと思うのでした。


その昔、もう十何年も前になりますが、同じ会社にとても天然な女性がいました。
ちょっと複雑な説明をしたり、当然常識的に分かる事なので説明を省略したりすると見事にトンチンカンな事をやってのけるので、忙しい人達をイライラさせていましたが、私はそんな彼女を可愛く感じ、いつもほのぼのとした気持ちで眺めていました。
そんな気持ちが伝わるのか、行事や飲み会の時などは彼女がそばにいる機会が多かったように思います。
街中で偶然遭遇した時など、ニコニコの笑顔でこちらに駆け寄り、「ヤマメさん、こんな所でなにしてるんですか~」と、周りの状況を気にせずに大声で話しかけられたりしました。
相手との距離のとり方や会話のやり取りに駆け引きや計算高さが全くなく、ほとんど条件反射のようなストレートな反応に、私は今までで出会ったどの人間像にも当てはまらない超個性的な素直さと純真さを感じるとともに、坂口安吾の白痴女を彷彿とさせる彼女の言動に一種の憧れを感じていたのです。

そんな訳で、白痴女とはいかないまでも、天然系の女性に妙に心惹かれる私。
その背景には坂口安吾のこの小説と、この天然の彼女との出会いが大きく影響しているのです。
その後、彼女のような個性的な女性には出会ったことがありません。

天真爛漫な彼女の笑顔を思い出すと、今でも心が癒されます。
彼女は今も元気に暮らしているのでしょうか・・・


スポンサーサイト
  1. 2011/10/18(火) 14:05:03|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<書評 『ランボー詩集』 アルチュール・ランボー | ホーム | 書評 『ボクの初体験』全3巻 弓月光>>

コメント

これ、朝と今、じっくり二度読みました。
主人公の彼の苛立ちは、現代社会にも通じるものがありますね。
各自の凡庸さを擁護するため、救済組織が幅をきかせる状況・・・。これに似たような現象があちこちでありますからね。
彼の不安や苛立ちは、今の自分が感じているものと少しオーバーラップします。
ひょっとしたら自分も白痴の女に魅かれるのかな。
ヤマメさんお気に入りの天然少女、音信不通なんですか? 残念ですね。
  1. URL |
  2. 2011/10/20(木) 23:01:23 |
  3. クマコー #ZzYKuueA
  4. [ 編集 ]

NGワード

毎度コメントありがとうございます。
コメントが受理されなかったのは、「ハクチオンナ」がNGワードだったからですね。
「白痴の女」に修正したら受理されましたので、こちらに転載しました。

あの天然少女は5年ほど前に街中でバッタリ遭遇して以来会ってませんね。音信不通ですよ。
元気でしょうかね。
  1. URL |
  2. 2011/10/20(木) 23:37:15 |
  3. ヤマメ #m3ZOdJy6
  4. [ 編集 ]

きたか、坂口安吾。
実は「ライ麦」のコメントを書くときに、安吾の言葉が頭をよぎったので、一応それを確認しておいたのだ。
それは「私は近頃、誰しも人は少年から大人になる一時期、大人よりも老成する時があるのではないかと考えるようになった。」なのだが、まぁ「白痴」とは関係ないけど、折角なので記しておきます。
さて、坂口安吾は、18歳の予備校帰りに文庫本「暗い青春魔の退屈」を購入して圧倒され、私にとっても青春期に君臨した作家の一人だった。
普通年を取ると、昔読んだコトについて、なるほどそういうことだったのかと確認できたり納得したりする場合がままあるのだが、私にとって、安吾はあの時圧倒されたままというか、逆に言えば近寄りたいのに近寄れないまま年を重ね、青春期もとっとと終えてしまい、最近では手にも取らずになっていたという感じである。(野坂昭如による坂口安吾の選集は一応所有している。)
しかし時折こうやって出くわすわけだね。うれしきかな、わが青春。
さて、この「白痴」については、焼け野原だからこそ見いだせる前途(これをあえて希望と言ってもいいのかな)は安吾の堕落論の精神性だと思うけど、主人公の男が現実の混沌であれば、白痴の女は非現実の存在として対極的に効果的に(魅力的に?)描かれているわけで、そうだね、ヤマメがこういった女性に憧れるのは憧れるだけにしておいた方がいいのは本人承知だろうけど、でもどうしてもとなったら、まぁインドに行くしかないかな(ってそればっかり)。
  1. URL |
  2. 2011/10/21(金) 12:41:46 |
  3. 藤伸一 #-
  4. [ 編集 ]

養女ですよ

毎度コメントどうも。
何年も経ってから小説読み返すと、たいていは新たな発見や理解があるのですが、谷崎潤一郎と坂口安吾は新しい解釈ができないですね。
未だに恋したまま醒めていないって感じでしょうか。

「私は近頃、誰しも人は少年から大人になる一時期、大人よりも老成する時があるのではないかと考えるようになった。」
っていう言葉は、『風と光と二十歳の私と』ですね。
この中にも「白痴的な女に惹かれる」って言うフレーズがありますね。
この娘を女中に貰い受けて、ゆくゆくは結婚してもいいかな、なんて考えていますけど、『痴人の愛』で譲治がナオミを貰い受けるシーンを彷彿とさせますよ。

もし私が大金持ちだったら、インドの貧困層の女児をもらい受けて養子にしたいな、なんて考えていたのですよ、実は。
コメントの最後にズバリその事を書かれたのでびっくりです。
エスパーですか、あなた。
  1. URL |
  2. 2011/10/21(金) 13:25:39 |
  3. ヤマメ #m3ZOdJy6
  4. [ 編集 ]

ナオミ

お久しぶりです。ナオミってもともとアメリカさんの名前だったんですってね。痴人の愛でいっきに直美とか尚美とか日本にひろがったときいてますが、本当ですか?
  1. URL |
  2. 2011/10/21(金) 13:39:22 |
  3. リリー・スー #-
  4. [ 編集 ]

そうです、そうです

リリー・スーさん、ごぶさたです~
コメントありがとうございます。

そうですね。
アメリカと言うよりも、西欧全般ですね。
ナオミは、元々聖書に出てくる名まえで、ジョンとかポールとかと同じ由緒正しい名まえですね。
おっしゃる通り、『痴人の愛』が発表された大正時代以前には、日本にはナオミという名まえはなかったようです。
ちなみに、譲治という名まえもそうですね。
  1. URL |
  2. 2011/10/21(金) 13:51:46 |
  3. ヤマメ #m3ZOdJy6
  4. [ 編集 ]

お返事ありがとうございます。ちなみに聖書のどのあたりにでてくるんですか?新約聖書ですよね。ジョンだのポールっていったら。昔からきになっていたんで、よろしかったら、又お返事ください。
  1. URL |
  2. 2011/10/21(金) 14:31:07 |
  3. リリー・スー #-
  4. [ 編集 ]

スミマセン

残念ながら、私は聖書のことは殆どわからないので、そこまで詳しく知りません。
旧約と新約の違いすらもよく分からないんですよ。
知識として、ナオミという名まえが聖書にある名まえということを知っているだけですから。
お役に立てなくて、スミマセン。
  1. URL |
  2. 2011/10/21(金) 14:54:20 |
  3. ヤマメ #m3ZOdJy6
  4. [ 編集 ]

でも哲学をやる場合、宗教もしらないと。ってことにはなりませんでしたか?ちなみに私哲学科でした。又新しい本のアップ楽しみにしてます。
  1. URL |
  2. 2011/10/22(土) 13:45:58 |
  3. リリー・スー #-
  4. [ 編集 ]

哲学科ですか

おお、哲学科。スバラシイ。私も哲学を専門に勉強してみたかったですね。
ちなみに私は経済学科ですから、哲学はあくまで興味・趣味・趣向の範囲なんです。
宗教までなんてとてもとても遠くて手が届きません。
今度、哲学や宗教の専門的な見地から、私の文章の変なところを指摘して教えてくださいよ。
ちょっとかじったことを適当に書いているだけなので、間違ったことを書いているんじゃないかといつも不安なんですから。
今後もよろしくおねがいしまーす。
  1. URL |
  2. 2011/10/22(土) 15:24:25 |
  3. ヤマメ #m3ZOdJy6
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gayagayaread.blog.fc2.com/tb.php/26-84cff858
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山女ひろし

Author:山女ひろし
札幌在住
自由人

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。