がやがや2

----------  大人の秘密結社 『がやがや倶楽部』 WEB 版 ---------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

書評 『不思議なキリスト教』 橋爪大三郎×大澤真幸

Scan0001.jpg「神は死んだ」と、かつてニーチェは「ツァラトゥストラ」の中でこう言い、キリスト教的価値観を全て解体し、キリスト教的系譜に連なる「真理」や「理念」からなる哲学自体を批判していきました。
しかし、ニーチェが命を削ってまで取り組んだキリスト教とは一体何なのでしょうか。
ユダヤ教もイスラム教も同じ一神教なのに、なぜキリスト教だけが世界を制覇しているのでしょうか。
この本は、そんな疑問だけでなく、イエス・キリストとは何なのかといった聖書に関する素朴な疑問をもわかりやすく解説してくれる、キリスト教の入門書です。それが結果的に西洋哲学の基礎や現代社会を理解するための入門書にもなっています。
クリスチャンでも宗教学者でもない社会学者の二人が、宗教的な解釈や物言いやごまかしをせずに対談していく様子は、スカッとすると同時に、聖書の解釈を読んだ時の何かごまかされているような感じがするもやもや感を、霧が晴れるように払拭してくれます。
現代社会を支配する西洋の原理、自然科学、社会科学、商業・工業などの経済活動、そして、なぜ日本人はキリスト教になじめないのか、それらが一瞬にして理解できたような気になる、まさに目から鱗の逸品です。
スポンサーサイト
  1. 2013/05/21(火) 23:31:43|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<書評 『頭の中身が漏れ出る日々』 北大路公子 | ホーム | 書評 『夜のピクニック』 恩田陸>>

コメント

入門書とか言っても、キリスト教だもんね。
ゴッツイのから再開したな。

さて、なんら言えないけど、最近キリスト教関連でオオッて思ったのは、「冥土めぐり」で芥川賞を取った鹿島田真希氏が、ダンナさんは車いすの聖職者だそうだけど、なんでも、聖書を日本語と英語とロシア語で全て暗記しているんだとか書いていたこと。
宗教ってすごいんだなぁと、ひとしきり感じ入りました。
  1. URL |
  2. 2013/05/23(木) 19:39:47 |
  3. 藤伸一 #-
  4. [ 編集 ]

コメント、サンキューで~す。
たまたま読んでいた本を題材に再開しました。

うちの近くにある教会で月1回広報誌みたいな通信を作っていて、毎月郵便受けに入っているんだけど、読んでいると、たまに日曜日の礼拝に顔を出してみようかなという気にさせられます。
聖書の言う『神』の概念が実感できないんですが、キリスト教的なものには割と抵抗なく接することができますね。
やっぱりこれも日本人的な感覚なんでしょうね。
  1. URL |
  2. 2013/05/23(木) 22:26:59 |
  3. ヤマメ #TjgxSfIA
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gayagayaread.blog.fc2.com/tb.php/36-eee6f461
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山女ひろし

Author:山女ひろし
札幌在住
自由人

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。