がやがや2

----------  大人の秘密結社 『がやがや倶楽部』 WEB 版 ---------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

邦画の最高傑作か?

kataude01.jpg私は映画が好きで、以前は年間200本くらい映画館で観ていました。
ハリウッドの超大作アクションも、フランスの小難しい映画も分け隔てなく観るのですが、特に好きなのはB級でおバカな映画です。
そんな私が邦画の最高傑作と心の中で秘かに思っているのが、映画『片腕マシンガール』です。
日本の映画の表現規制を一切無視した過激な内容に日本では一切スポンサーが付かず、海外資本で製作されて日本に逆輸入されたという、いわく付きの映画です。

弟と二人暮しの女子高生ユウ。
その唯一の肉親である弟がイジメを受けて殺されてしまいます。
事件は警察によって自殺として処理されてしまいますが、弟の残したノートから彼がイジメを受けていたことを知り、そのイジメの主犯格が忍者の末裔のヤクザの息子であることを突き止めます。
弟の無念を晴らすべく、復讐を誓う女子高生ユウ。
イジメの共犯者の自宅を次々と襲い、ついにヤクザの屋敷へと突入します。
しかし相手は忍者の末裔。あと一歩のところで捉えられ、日本刀で左腕を切断されてしまうのです。
命からがら逃げ出した女子高生ユウは、弟と一緒にイジメられ殺された友人の両親に助けられます。
自動車修理工場を営む彼らは、切断されたユウの腕に特製のマシンガンを取り付け、一緒に復讐すべく特訓をするのです。
次々と現れる『ひょうきん族』のコントのような強敵と敵の最新兵器。
飛び散る血しぶき、唸るチェーンソー。
闘うセーラー服の少女と火を噴く左腕のマシンガン。
友人を失い、仲間を失いながらも、次々と敵を倒して復讐を成し遂げるのです。
復讐のはかなさや暴力で解決することの虚しさなどという甘い考えは一切なく、何の迷いもなく復讐に徹する姿は、逆に清々しささえ感じてしまいます。

撮り方によってはグロさしか残らなくなるこのテの映画を、これだけの残虐描写なのに芸術のレベルへと昇華させたのは、肉親と肉体の喪失という少女の通過儀礼としての内的世界を、復讐という舞台装置を通して、徹底的に表現したからなのかもしれません。

洋画の『キル・ビル』や『プラネット・テラー』に通じるものがありますが、洋画では決して表現され得ない日本人の深層心理と日本のサブカル文化特有の、少女マンガの世界がここにはあるのです。

(初出2011年8月の原稿を編集再録)





スポンサーサイト
  1. 2014/09/08(月) 16:33:21|
  2. 映画評論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<書評 『我が家の問題』 奥田英朗 | ホーム | 書評 『いらかの波』全10巻 河あきら>>

コメント

もう邦題からして、B級おバカ度がビシバシ伝わってくるようで、たしかに只者じゃないな。
映画やドラマを見てて、中途半端にツッコミどころがあるとシラケてしまうけど、全編ツッコミどころだと、逆にまるでスキなしの様相を呈してくるわけで、そんな感じの傑作なのだろうか。
そして少女マンガの精神性が、この映画の核としてあるわけね。
いつか見たいものだ。
  1. URL |
  2. 2014/09/10(水) 14:35:41 |
  3. 藤伸一 #-
  4. [ 編集 ]

何といっても、主人公がセーラー服を着た女子高生ってところが第1のポイント。
それと、この映画の日常描写が、『アメリカ人が思っているであろう日本』を再現しているようなところがあって、そういう意味でのパロディの世界であるっていうところが第2のポイントですかね。
たぶん、アニメであれば全く違和感がない作品なんでしょうが、実写だとこんなにおバカ映画になるかっていう感じで、メチャクチャ好きです。
  1. URL |
  2. 2014/09/10(水) 15:37:10 |
  3. ヤマメ #m3ZOdJy6
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gayagayaread.blog.fc2.com/tb.php/51-e0292371
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山女ひろし

Author:山女ひろし
札幌在住
自由人

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。