がやがや2

----------  大人の秘密結社 『がやがや倶楽部』 WEB 版 ---------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タイムパラドックスの最高傑作!

00120452000.jpg映画『プリデスティネーション』を観てきました。
珍しくオーストラリア制作のSF映画で、原作はSF界の巨匠ハインラインのタイムパラドックス物です。

この映画、ある人物の数奇な運命の物語なのですが、捨て子として施設で育った彼女は大変優秀な頭脳の持ち主で、政府関係の施設の研究候補生として訓練を受けます。
しかし、結局不合格となり、落胆しているところで行きずりの男性と恋をして女の子を出産します。
しかし、この女の子は何者かに誘拐されてしまうのです。
落胆し、悲しみに暮れる彼女。
産後の肥立ちが悪く、結局二度と子供を産めなくなるのですが、実はこの女性、両性具有だったことが判り、子宮をとってしまうのですが、男性の機能は正常なので、ここから男性として生活していくことになります。
ある日、ニューヨークのとあるバーで、バーテンダーに自分のこの数奇な運命を話す彼。
実はこのバーテンダーは、時間管理局のエージェントだったのです。
彼の運命を変える元凶となった、自分の前から姿を消した、その行きずりの男性に会わせてやると言って、このエージェントは、彼が彼女だった頃に行きずりの男性と出合った場所に彼と一緒に時間旅行をするのでした。
そこで彼は、自分が女性だった時に出会った行きずりの男性は、男になった自分であることに気付くのでした。
そして、生まれた子供をこのエージェントが誘拐し、昔に戻って、施設の前に置いてゆくのです。
実は、彼が女性だった頃、訓練を受けていた政府施設というのがこの時間管理局で、男になった彼女は、そのツテで時間管理局のエージェントになり、優秀な働きをしていきます。
そして、実はあのバーテンダーのエージェントはこの彼であり、時間の歪が起きないように彼を彼女に会わせ、その子供を誘拐し、全てが運命どおりに進むように画策していたのです。
という感じで、エンディングへと話は進んでいくのでした。

以前、当ブログで広瀬正の『マイナス・ゼロ』という、タイムマシン物のSFを紹介しましたが、その小説では自分を身籠った女性が出てきます。
この話はそれを上回って、自分の精子と自分の卵子が結合して自分が生まれるという話で、生まれた自分が成長して男性の自分と出会い、自分を産む。
始まりが終わりで、終わりが始まり。ニワトリが先か、卵が先か。といった感じで、完全に自己完結で、無限のループを繰り返しています。
この原作の翻訳タイトルは『輪廻の蛇』。
まさに、自分の尻尾を呑み込んでいる蛇のような話です。

男役と女役を同時に演じているサラ・スヌークの男前っぷりには感心します。
というわけで、私がタイムマシン物、タイムパラドックス物が好きだということもあるのでしょうが、久々に面白い映画でした。




スポンサーサイト
  1. 2015/03/16(月) 00:56:00|
  2. 映画評論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<書評 『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』 増田俊也 | ホーム | 書評 『人間失格』 太宰 治>>

コメント

何度か読んで、その単純にして奇怪な人間関係が理解できた気にはなっているが、主要な登場人物が彼と彼女とエージェントで、それが実は結局同一人物で、限りなく一人に集約していくのって、三位一体みたいな感じで、やっぱり西洋っぽい発想なのかな。
日本のように情念の面で辻褄を合わせるのではなく、とことん数理的に整合させ、パラドクスを解消しようとするところとかもさ。
でも面白んだ。ふーん。
  1. URL |
  2. 2015/03/16(月) 18:57:45 |
  3. 藤 伸一 #-
  4. [ 編集 ]

このてのストーリーって、論理学のパラドックスを思い出しますよね。
アキレスと亀とか、飛んでいる矢は止まっているとかのゼノンのパラドックス。
話だけ聞いていると整合性があるように思えますが、直感的に「そんなわけない」というのが判ってしまうのですね。
タイムマシンのパラドックスもこれと同じような気がします。
論理的には整合性があるように思えますが、実際は荒唐無稽の話ですね。
やっぱり、西洋っぽい発想です。
  1. URL |
  2. 2015/03/16(月) 22:39:38 |
  3. ヤマメ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gayagayaread.blog.fc2.com/tb.php/61-d535e20d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山女ひろし

Author:山女ひろし
札幌在住
自由人

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。